バイクをレッドバロンで買って良かったと感じている件

vespa

欲しいバイクが決まって、そのバイクをどこから買おうか?

バイク屋選びはバイク選び以上に悩む所です。

インターネット?近所のバイク屋?ディーラー?数あるバイク屋の中で

僕はレッドバロンで購入しました。

レッドバロンとは?

レッドバロンとは国内306店舗、海外5事業所展開しており、従業員数も2446名と多く(2020年11月末)トップクラスの全国チェーンのバイク屋さんです。

事業内容は
・バイク・パーツ・アクセサリー用品の販売・修理
・直輸入バイク・パーツ・アクセサリー用品卸し及び小販売売
・技術情報の紹介及び物販販売
・海外ディーラーへのバイク販売及び技術指導
・海外フランチャイズチェーン出店、現地企業との合併事業の展開
・国内外のバイクライダー専用レジャー施設(ホテル、サーキット)の開発及び運営

タイ料理レストランなどもあり、多岐にわたります。

ネットなどで評判の悪い記事を見かける事もありますが、10年以上レッドバロンユーザーの僕は、後悔はなく、レッドバロンで買って良かったなーと満足しています。

その理由を報告します。

その1・新車、中古車、外車の在庫が豊富

レッドバロンで買って良かった理由の一つに、在庫の豊富さがあります。

レッドバロンのバイクは新車、中古車、外車を含め常時53000台もの在庫があります。

僕はイタリアのバイクベスパLX125のブルーが欲しくて検索してもらいましたが、いくつか候補があり、希望のバイクが見つかりました。

欲しいバイクが複数あり悩んでいても

全国のレッドバロンから探してくれるので自分で精査して決めれます。

その2・店舗数が多い

バイクは買ったあとも、車検や修理、点検などで販売店と付き合う事が多いです。

バイクは基本、買ったお店で修理をしてもらうという暗黙のルールがあります。

僕の周りでも故障した時、他のバイク屋に持って行ったら断られたという話も聞きますし、ネットでも、そんな情報は載っています。

理由はバイク業界での横のつながりの関係や、手がまわらない、部品や設備がない、など様々ありますが、一番大きな理由は素性の分からないバイクはリスクが大きい事です。

例えば、ヤフオクなどで個人から購入したバイクは、整備や修理の履歴が分からず、変なカスタムをしていう場合もあり修理を引き受けるのにリスクがあります。

なので、転勤で遠方へ行くことになったり、ツーリングでの故障時はバイクショップを探すのに苦労します。

その点レッドバロンは安心です。

全国に300店舗以上あるので、探すのが簡単ですし、レッドバロンでバイクを買うと、自分のバイクの整備情報が全国の店舗で共有されるので、転勤やツーリングで他県のレッドバロンに持って行っても、整備情報がすぐ分かるようになっています。

その3・アフターサービスが充実

バイク屋を選ぶ際に絶対に重要なのがアフターサービスです。

車検や点検、オイル交換や修理など定期的にバイク屋さんにはお世話になります。

お得なオイル交換

一番頻度が高いのがオイル交換です。オイルは人間でいう所の血液ですので、定期的に交換して綺麗にしていないと、最悪の場合エンジンが焼き付きぽっくり死んでしまいます。

一般的のバイク屋の場合、125cc~400ccでのオイル交換の費用は工賃込でおよそ3000~4000円かかります。内訳は工賃1000円+オイル1L2000円。一回で1.3L入れた場合2600円 計3600円
オイル交換の目安は走行距離が3000km~5000km毎、もしくは半年に一回です。
年間で6000円~8000円ほど必要です。

レッドバロンの場合、レッドバロンには独自のオイルリザーブシステムなるものがあります。

簡単に言うと、格安の値段でまとめ買いをして、レッドバロンに置いて置き、オイル交換時は工賃のみで交換できるシステムです。

このオイルの値段が破格の安さなのです。15Lで9000円なので1Lあたり600円!!

普通に買ったら1L2000円する有名オイルメーカーのelf(エルフ)のオイルが実質600円です!

安い!お得すぎです!

レッドバロンのオイル交換工賃は640円なので実質1200円で出来ます。

オイルはバイク購入時にまとめ買いしているので、オイル交換時の支払は工賃のみで出来るのです。

修理や点検の工賃が安い

修理や点検でかかる工賃ですが、一般的にはおよそ1時間当たり1万円ほどです。

レッドバロンの場合、およそ1時間当たり7000円といわれており他より安くなっています。

もちろんレッドバロンでバイクを買っている会員価格です。

レッドバロン以外のバイクの場合は20000円払い準会員にならないと、修理さえして貰えません。

購入者ファーストという事ですね。

パーツのストックが豊富

修理する上で欠かせないのがパーツです。

バイクにより独自のパーツが使用されていますが、古いバイクの場合、パーツがないので修理出来ませんなんて事もあります。レッドバロンではパーツの確保やオリジナルパーツの開発などに力を入れており、パーツ供給システムが構築されており、中古車でも安心のアフターサービスを受ける事が出来ます。

最新設備や整備士の研修システム

レッドバロンはコンピュータ総合診断機「ACIDM」(アシダム)を開発し各店舗へ設置されています。

ACIDMはフレーム適合検査やマフラーやオイル交換、セッティングを変更した際の結果を正確に測定し、車両状態を的確に診断できる機械です。

また整備士もしっかり研修を受けており、専門知識を身に付けているので安心して任せる事ができます。

旧車や外車など特別な車両で修理が難しい場合でも、優秀な専門メカニックを派遣して対応してもらえます。

まとめ

以上の理由からレッドバロンでバイクを買って良かったと感じています。

ネットで悪い記事を見かける事もありますが、考えてみて下さい。

レッドバロンは大きい会社です。

大きい会社はそれだけ従業員も多くいます。何千人の中には当然、変な人もいます。

また嫌の思いをした人はネットに書き込んだり、クレームを出したりして表にだしますが、良い対応を受けた人の事はあまり広がりません。

何故なら、それが当たり前の感覚でいるからです。

僕がお付き合いさせてもらっているレッドバロンは皆、良い対応です。基本そうです。

大事なのは、欲しいバイクがあり、アフターサービスがあり、信頼関係を築いていけそうな店(人)かを行って、自分で感じる事だと思います。

あなたのバイクライフが充実したものになりますよう、この記事が参考になればうれしいです。

以上報告終わります。

また他にもバイク関連の記事あるので読んでみて下さい。

コメント

  1. […] バイク関連記事バイクをレッドバロンで買って良かったと感じている件 […]

タイトルとURLをコピーしました